わたなべ歯科クリニックの矯正歯科

CT撮影用機械

低被ばくで、広い範囲の撮影が可能なCT(3D撮影)器機です。デジタル方式ですので、被爆量が従来のものと比べ各段に軽減されています。3D撮影ができることにより、多角的な診断が可能となり、インプラント治療などにおける診断をはじめ、複雑な治療である親知らずの抜歯や根管治療を安全に、且つ正確に行うことが可能です。

また、当院のこの最新式デジタルX線装置は、矯正の撮影も出来ます。セファロ(矯正)撮影は、頭部領域全てを撮影する事ができます。矯正の撮影も被ばく線量の少ないデジタルⅩ線で撮影なので、高画質な画像によって、質の高い診断・治療が可能となります。

歯周病レーザー治療

LANAP(レーザーを用いた新付着術)

LANAP説明図

従来であれば、歯肉を切って処置せざるをえない重度の歯周病に対して、歯肉を切らずにレーザーを用いて行う治療法。

レーザー治療の併用は、痛みが少なく、治癒も早く、再発を少なくすることができます。

Nd:YAGレーザー治療

Nd:YAGレーザー治療の説明写真

照射による組織への熱の深達度を制御することが可能で、これにより熱の深達度による影響や危険性が少ない止血、凝固、蒸散、切開等を行うことが可能です。

瞬間的な光の照射を繰り返すことにより処置するため、熱が生じにくく、ほとんど痛みを感じませんので、麻酔の必要もほとんどありません。