わたなべ歯科クリニックのインプラント治療

インプラントの概要

歯根がなくなってしまった所に人工歯根を植え、その上に歯を被せ、機能的に回復をはかる方法。それがインプラントです。

永久歯が欠損してしまった場合、義歯という治療を施します。
これまでの主流は、取り外しが可能な入れ歯や隣の歯を削って義歯をかけるブリッジが一般的に用いられてきましたが、長く使っている間に合わなくなったり、固いものがしっかり噛めなくなる場合があります。
このようなケースを回避し更に一歩進んだ治療法として、人工歯根を植えることにより、口元の美しさはもちろん、もとの自分の歯とほぼ同じように噛むことができたり、その機能を長く維持できる治療、それがインプラント治療です。


インプラント治療の具体例

インプラントにより人工歯根を植えることで、様々な歯の欠損に対応できます。

1本の歯を失った場合

欠損した部分にインプラントを1本埋入します。従来のブリッジでは健全な両隣の歯を削って治療をする必要がありましたが、インプラントでは健全な歯を傷付けることなく治療を行うことが可能です。

複数本の歯を失った場合

従来は局部的な入れ歯(部分入れ歯)を用いていましたが、インプラントでは、数本の人工歯根を用いて治療を行います。入れ歯と違い、取り外しのわずらわしさや、金属のバネによる違和感や噛みにくさはありません。

全ての歯を失った場合

従来用いたのは総入れ歯です。食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、長期にわたって使用すると入れ歯があわなくなるようなケースがありましたが、数本の人工歯根を用いて治療を行うため、そう言ったことが気にならず、本来の歯を取り戻したように自然です。


メリット・デメリット

インプラント治療には、入れ歯やブリッジには無い素晴らしい利点(メリット)があります。が、同時に少なからず注意点(デメリット)もあります。事前によくご検討ください。

インプラントのメリット

  1. ほとんと自分の歯と変わらず噛めるようになり、固い食べ物も安心して食べることができます。
  2. 入れ歯やブリッジと違い、口の中に不快感が残ったり、話しにくいこともありません。
  3. 他の健康な歯に負担を掛けるということはありません。
  4. 見た目にも自然で、きれいです。
  5. 咬み合わせがしっかりしますので、あごの骨が痩せるのを防ぎます。
  6. 人工歯(チタン)が骨と結合し、骨にしっかりと固定されるため非常に安定します。
  7. メンテナンスをしっかりとおこなえば、ほぼ一生維持できると言われています。

インプラントは天然の歯に近く、天然歯と同じように使えることから、「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントのデメリット

  1. インプラント治療は外科手術が必要になります。
  2. 現在、保険制度が適応されないため、他の治療と比べて費用がかかります。
  3. インプラントの施術後は、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診を受けて維持することが必要です。
  4. インプラント治療には、数ヶ月間という治療期間が必要となります。
  5. 持病、疾患などにがある場合、インプラント治療が出来ないことがあります。

リスクに関しては患者様の状況を歯科医師がしっかり把握していれば、ほとんど回避できますので、まずはご相談ください。


治療の流れ

1. 調査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後治療計画を立てます。

2. フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行ないます局所麻酔を用いて行ないますので、安心して手術を受けることができます。

3. 治癒期間

骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(約2ヶ月〜4ヶ月)
この間は特に通院する必要はありません。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

4. アパッチメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(アパッチメント)をフィクスチャーに連結します。 ※このとき、簡単な手術を行う場合もあります。

5. 人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。 その型に従い人工の歯を作製します。その後アパッチメントの上に人工歯を装着して完成です。

6. メンテナンス

インプラントの治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。 医師の指導に従い正しい歯磨きを心掛けましょう。 また、半年に一度、インプラントの状態をチェックするための定期検診も必要です。


アフターケア

インプラントを良い状態で保つには・・・定期的なメインテナンスが必須になります。

きちんと骨と結合したインプラントは、徹底したプラークコントロールが半永久的に口腔内で固定を得ることが出来ます。
口の中は全ての汚れを取り切るのが難しいため、定期的にプラークコントロールを必要とします。また、悪くなってしまってからでは人工歯根そのものは再生能力がないため、日頃からのコントロールが必要となります。

インプラント治療が終わったからといって、それで安心ということはできません。

しかし、いくらインプラントと骨が結合していても、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることが出来なくなってしまいます。また、天然歯と同じように、歯周病が重度に進行した場合も骨はインプラントを支えることが出来なくなるため、その後のアフターケアというものがとても重要です。

ご自宅等での日々のメインテナンス

インプラントを入れたからといって、何か特別なことをしなければいけないわけではありません。

基本的には、天然歯と同じようにしっかり歯磨きをするだけです。 とはいっても、インプラントは人工物ですから、天然歯と違って接合部(境目)があります。その部分は汚れがたまりやすいところであり、また、汚れを落としにくいところでもあります。
そこで、歯ブラシといっしょに歯間ブラシ(ワイヤー部がコーティングされているもの)や、デンタルフロスなどを使ってのケアをお勧めします。

歯科医院でのメインテナンス

咬み合わせは常に一定のものではありません。
治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担がかかり、補綴物が破折したり、歯周病が急に進んだりすることがあります。
そこで、定期的な咬み合わせのチェックやレントゲンによる診査が重要になります。
また、普段のブラッシングでは落としきれない汚れを歯科医師や歯科衛生士によるケアでフォローしていくことや、自宅でのケアが正しく行えるように、ブラッシング指導を受けることも必要になります。
定期検診に関しては、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2、3ヶ月に1回、最終的には6ヶ月に1回程度を目安に、担当医師とご相談の上、定期的に受診されることをおすすめいたします。

せっかく費用を出して治療したインプラントです。よりうまく半永久的に使えるように、こういったメンテナンスをきちんと行っていきましょう。