わたなべ歯科クリニックの診療内容をご案内いたします

虫歯治療

日頃からの適切なメンテナンスと、早期の治療が大切です。

虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされてしまった状態をいいます。歯の表面についた歯垢(プラーク)に、虫歯をつくるミュータンス菌が棲みつき、糖分を栄養にして酸を出します。この酸は歯の表面の硬いエナメル質を溶かし、その部分に孔をあけます。これが虫歯の初期症状です。

時間をかけてエナメル質を突破したミュータンス菌の酸は、その奥の象牙質に到達すると浸食の速度を一気に速めてあっという間に広がってしまうため、早期の治療が肝要となります。


また、虫歯の治療というのは実際には「治す」のではなく「修理」する外科手術のようなものであるため、風邪などのように「元通り」にすることはできません。


虫歯によって浸食された部分を完全に取り除いて、金属やセラミックなどで不自由のないように修復するのが私共、歯医者の虫歯治療です。 
健康な歯で過ごすためには、虫歯にかかる前からの適切な歯のメンテナンスと、そして虫歯にかかってしまったときの迅速な治療が必須となります。 虫歯治療に伴う不安、疑問などがありましたら、当院までお気軽にお尋ねください。

ほぼ無痛で治療が行えます

当医院では、レーザーや電動麻酔器を使う事により、極力痛みの少ない治療お行える設備が整っております。痛みに敏感な方や恐怖心の強い方などは、お気軽にドクターまたはスタッフにお申し付け下さい。


歯周病

予防と診療。歯周病かな?と思ったら、すぐにご相談ください。

虫歯と並んで多いのが歯周病(歯槽膿漏)、つまり「歯の周りの病気」です。歯周病とは、歯の表面につくプラーク(歯垢:細菌の塊り)によって酵素や毒素が発生し、歯肉に炎症をひき起こし、歯茎を痛めたり、歯を支えている骨(歯肉の中にある歯槽骨)まで破壊されてしまう病気です。ひどい場合には歯が抜け落ちてしまうため早期の治療が必要ですが、初期段階の歯周病はほとんど自覚症状がなく、他の治療で歯科を訪れた際には、すでに末期的な症状を起こしているという方も少なくありません。

  • 歯磨きをするとき、歯茎から出血したり、歯がグラつくなど
  • 歯茎が痛む、歯肉が腫れるなどの症状が現れる
  • 目覚めて、口が粘つく、口臭がするなどの症状がある

上記のような症状に思い当たったら、早急に歯科を訪れて診療を受けることをお勧めします。

歯周病の治療

歯周ポケットの深さを測り、出血、排膿の有無、歯石、プラークの付着状態、動揺度の検査、補綴物の状態等の検査と共に細菌検査を行います。 それにより治療方針を決定します。

(歯周病は初期のものから、歯がぐらぐらする重度のものまで、患者さんにより様々な段階がある為一人一人に合った治療を行います。その為治療時間も異なってきます。)

当院では、排膿や歯垢の除去(プラーク・コントロール)などに加えて、炎症がおこっている歯茎の溝(歯周ポケット)の中を焼いて蒸発させるレーザー治療も行っています。歯と歯茎のあいだにレーザーを照射することで、歯周病菌をやっつけ、弱っている歯茎の血行を良くし健康な歯茎を再生します。


ホワイトニング

口元の美しさは、口内の健康から考えましょう。

口元の美しさを考えるとき、やはり一番に思い浮かぶのは歯の白さではないでしょうか。

しかし、歯は美しさの対象であるまえに重要な消化器官。毎日使うものなので、汚れてくるのはあたりまえです。 そんな歯の美しさをとりもどす術を総じて「ホワイトニング」といいますが、ホワイトニングにも歯を削る方法と削らない方法、またそのなかにも幾つもの種類があります。ホワイトニングを行う際には、自分の希望や、歯に対する思いなどを充分に医師に相談することが大切です。

また、先に述べたように歯は毎日使う大切な消化器官ですので、見える部分だけの「白さ」を求めるだけではなく、歯茎を含めた口内の健康を考えてホワイトニングしなければなりません。

特に、歯を削る方法による場合、その箇所から歯や歯茎の病気がはじまらないよう注意が必要です。 歯を美しく永く残すためには、歯科医師や歯科衛生士といった専門家から歯や歯茎の健康維持のためのアドバイスを受けたり、定期的な健診を行うことが必要となります。

[ ホワイトニングの方法(代表例)]

■歯を削らない方法
「歯石を除去」

歯を擦る感じで歯石を除去し、歯全体をきれいにします。

「クリーニングパウダーを使用」

歯の表面だけに色素が付着している場合に効果的。 専用のクリーニングパウダーを水と一緒に歯の表面に吹きつけて着色を落とします。 歯の表面を傷つけることもありません。

「歯を漂白」

主に過酸化水素や過酸化尿素といった薬剤を使用します。変色の程度により3〜5回の通院が必要であり、また、漂白しきれない場合もあるため事前によく歯科医師、歯科衛生士と話しあうことが大切です。

■歯を削る方法
「クラウン」

歯全体を削って、歯とおなじ色のものをかぶせる方法です。 白いかぶせものの材料には、セラミックスと合成樹脂(プラスチック)があります。

「インレー」

歯全体を削って、歯と同じ色のものを詰める方法です。
奥歯のかみあわせの部分も、金属ではなく白いつめものをすることで天然の歯のようになります。
合成樹脂を使用する場合は保険、セラミックスを使用する場合は自費診療になります。
セラミックは吸水性が一切ないため変色することはありません。また周辺の歯肉などに対しても汚れをはじくという利点があります。


インプラント

インプラントとは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応できなかった歯の欠損を、天然歯根の代用となる人工歯根を入れることで、再び咬む機能を回復させる治療のことです。

インプラント治療は、1本の歯の欠損から全ての歯が失われている場合まで幅広く対応しており、入れ歯のような違和感がないこと、健康な隣の歯を削る必要がないこと、見た目も自然であるため口元の美しさを損なわないことなどの大きなメリットがあります。

保険適用が無いため、治療費はかかりますが、義歯のようなわずらわしさも無く、ブリッジのように両隣在歯を削る必要もなく、力を分散できるため、残存歯に負担をかけることもありません。
天然の歯と同じように噛むことができるため、日常生活におけるクオリティーは向上すると考えらえます。
また、なんでも噛めるため、食事の制限もなくなり、健康上にも精神衛生上にも良い結果をもたらします。 但し、人工歯根は天然歯と違い再生能力が働かないため、定期的なメンテナンスが必須となります。

当医院におきましては、定期健診を受けていただいた上での保障期間(10年間)を設けております。 まずは、お気軽にご相談ください。

詳しくは当医院ホームページの「インプラント」をご参照ください。


歯科矯正

大人でも行える現代の歯科矯正。歯並びの悪さは人体に様々な悪影響を及ぼすばかりか、容姿の美しさにも影響を与えます。

幼い頃には気にかからなかった歯並びが、大人になるにつれて大きなコンプレックスとなることも少なくありません。

以前であれば、矯正は幼少期、つまり歯や顎の骨が成長発育する時期に行うものとされており、成人は諦めるしかありませんでした。しかしながら、現在では新しい矯正装置が開発され、大人になってからでも矯正治療を始めることが可能です。 永久歯が成長発育する時期(7〜15歳くらい)であれば、組織の活性が高く、歯が移動しやすいため効率良く治療できますが、その一方で、大人になってから矯正を始める人は治療に対する意識が高く、矯正装置を装着している期間の歯の清掃も念入りにする人が多いので、非常に良い状態で能率的に治療を進めていくことができます。

また、矯正治療の方法や期間は原因、症状によって異なりますので、専門医とご相談のうえでご自身にあった歯科矯正を行いましょう。 当院でも専門医による無料相談を行っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

歯並びの悪さが及ぼす悪影響

食べ物がうまく咬めない

咬む力が弱いと咀嚼が不充分になります。そのため、身体・精神にさまざまな悪影響を及ぼします。

容姿に関わる

咬みあわせが悪いと、顔の形が歪んだり(非対称)、受け口(反対咬合)になったり、出っ歯になってしまうことがあります。

滑舌の低下

歯の間にすき間があると空気が漏れるなどして、言葉が不明瞭になりやすくなります。

虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪いと歯に歯ブラシをうまく当てることが出来ず、蓄積した歯垢が取りにくいため、歯や歯ぐきに汚れが溜まりやすくなります。

顎や顔の成長発育を阻害

「かむ」ことができないと顎の骨ばかりではなく、筋肉の発達も不十分で、顔全体の発育が阻害されることがあります。

口内炎になりやすい。

前歯や犬歯、奥歯の咬み合わせのずれなどによって、口内や頬の粘膜を傷つけることが多いと口内炎になることが多くなります 。


義歯

旧来の「入れ歯」のイメージを払拭する進んだ義歯
義歯とは、歯の欠損を補うために用いられるいわゆる着脱式の「入れ歯」のことをいいます。

これまでは、違和感を感じやすく馴れるまでに時間がかかることや、天然の歯と比べて咀嚼効率が1/3程度しかないことが難点とされていました。 また、部分入れ歯の場合には健康な他の歯にもバネをかけるため、どうしても義歯であることが目立ってしまうばかりでなく、それらの健康な歯に負担を強いて寿命を縮めてしまうという大きな欠点がありました。

しかしながら現在の治療では、違和感も軽減され、外れることや痛みを感じることもなく、咀嚼の効率も良く、目立たない義歯を提供することが可能となっています。
歯の欠損に対応する治療として、現在ではインプラントに勝る治療方法はありませんが、身体的、経済的な問題でインプラント治療が難しい患者さんへの治療として義歯も盛んに用いられています。


PMTC

徹底的な清掃プログラムで、口のなかの細菌を完全に除去

近年の研究の成果として「虫歯や歯周病は、ある特定の細菌によっておこる」ということがわかっています。 PMTCとは、そうした細菌を口内から徹底的に除去するための清掃プログラムのことをいいます。歯科医師、歯科衛生士といった専門家の手によって、さまざまな器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去します。

これまでの歯科医療では、悪くなってしまった歯を「治す」ことに重点がおかれてきましたが、PMTCは悪くなるまえに「防ぐ」ことに重点をおいた現代歯科医療の新しい考え方に基づくものです。PMTCはあくまでケア行為ですので、それだけで病気を治すものではありません。しかし、プロのクリーニングによって口内の細菌レベルが低くなれば、今後の病気の予防のみならず現在治療中の病気にたいしての治療成績も目に見えて向上します。

また、クリーニング専用に開発された特殊なブラシやカップを用いて、専門家が丁寧にクリーニグを行うため、マッサージのようにきもちのよい爽快感を得られることもPMTCの特長とされています。

PMTCを行う頻度や費用については、患者さんのリスクや歯の汚れ具合などによるため、まずは当院までお気軽にご相談ください。

PMTCの手順(90分程度:予約が必要です)

1) スケーリングを行い、歯垢や歯石やバイオフィルムなどを除去します。
2) 歯面に専用のクリーニングペーストを塗ります。
3) 歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを除去します。
4) デンタクロスを用いて歯と歯の間の清掃を行います。
5) 三種類のペーストを用いて歯面インスを行います。
6) 最後に綺麗になった歯面にフッ素を塗布して終了です。


虫歯予防のヒント

虫歯予防の一番のポイントは、やはりプラーク(歯垢)を作らないこと。
日々の生活のなかでプラークを蓄積させない方法を、ご紹介します。

※虫歯については、こちらもご参考にしてください。

習慣的な歯みがき心がける

毎日規則正しく、正しいブラッシングを心がけることは虫歯予防の基本です。 短い時間で歯みがきを済ませてしまったり、食後のブラッシングをサボったりせず、きちんと習慣化しましょう。

正しいブラッシング・フロッシングをおぼえる

歯みがきは、力任せにゴシゴシこすればいいというものではありません。逆に、歯や歯茎を痛めてしまい、歯の寿命を短くしてしまうこともあるのです。
そうならないためには、あなたにあった歯ブラシを選び、正しい使い方を身につけることが大切です。
歯科医師・歯科衛生士から指導を受けて、正しいブラッシングを習得しましょう。
デンタルクロスも歯と歯の間の歯垢を除去するにはとても効果的です。

マメに歯医者で検診を受ける

定期的に歯医者にかよい、専門家によるプラークの除去を受けるのが理想です。
検診を受けることで虫歯の早期発見にも繋がり、虫歯の悪化を防ぎます。

フッ素を上手に活用する

フッ素には、虫歯への抵抗力を高め、虫歯の進行を妨げる働きがあります
。 適量のフッ素塗布やフッ化物入りの洗口剤でうがいをしたり、フッ素の入った歯みがき剤を使用することは虫歯予防に効果的です。

食事はよく噛む

よく噛むことは食物の吸収にとってだけでなく、歯のためにも大切なことです。
よく噛んで食事をすることは唾液の分泌量を増やすことに繋がるため、唾液によって口のなかが清潔に保たれ、歯の表面が強くなります。
また、寝ているあいだは唾液の分泌が少なくなってしまうため、就寝前の飲食はとくに虫歯になりやすいといわれています。